医薬品物流センター事業
について

医薬品の入荷、保管、出荷業務

医薬品の入荷、保管、出荷業務

医薬品に特化した豊富な経験と倉庫管理システムの高いオペレーション能力を生かし、
ローコストと高品質を両立しています。
また、荷主様との定期的なミーティングの実施、社員・パート社員の定期的な情報共有や教育実施により、
常に正確な保管や出荷精度の向上に努めています。

3つの特長

1安定供給

医薬品に特化した豊富な経験と倉庫管理システム(WMS)の高いオペレーション能力を活かし、確実な医薬品の供給をお約束いたします。自然災害などの有事の際には、荷主様及び、事業部間の連携により、止めない物流を実現いたします。また常に正確な保管や出荷精度の向上に取り組んでいます。

2出荷精度の向上

トレーニングルームを活用した作業者への教育を実施。各フロアには、作業ポイント、生産性、改善活動内容を掲示し、社員、パート社員が一丸となって、正確な保管や出荷精度の向上に取り組んでいます。

3協働改善

荷主様と定期的な協働改善ミーティングを実施。トータルロジスティクスの視点から物流改善をご提案。ローコストで高品質なセンター運営を共に実現いたします。

CLOSE HOME